省エネ効果による収益改善のご提案



製造工場の運営コストはエネルギーである
電気、ガス、水道の消費をいかに効率よく使用し、
無駄なコストを削減することで収益の増加を図ることができます。

そうは言ってもどこから見直せば良いのか….
 
実はコンプレッサは、他の設備に比べて大量の電力を必要とします。
  つまり、工場の省エネを考えたとき、コンプレッサの使用エネルギーの削減が、
大きなポイントとなります。
   さらに、一般にエア漏れは、設備能力の20~25%もあると言われています。

解決策ケース1
   工場には、圧縮空気を必要とする機器・プロセスが散在しており、
必要に応じてコンプレッサの増設を行うため、
コンプレッサが施設内に点在していることが多く、
無駄が大きくなっている可能性があります。
  圧縮空気配管を統合し、コンプレッサを台数制御することで、
大きな電力の削減が可能になります。


解決策ケース2


工場の省エネ化は是非ご相談ください。



You Might Also Like

0 コメント

Popular Posts

LINK

株式会社トータルサイト

当社ホームページサイト

発注コード検索対応サイト

オレンジブック・web通販

あす着のベアリングサイト

ベアリング通販サイト

トラスコ中山サイト

オレンジブック.com